不動産とローンに強いファイナンシャルプランナー

お金のプロとしてファイナンシャルプランナーと呼ばれる資格があります。
国家資格にもなっていて、いろいろな人が取得をしています。
銀行員、保険の外交員、不動産会社の社員、税理士や社労士がダブル資格として保有するケースもあります。
住宅を購入するときはどんなファイナンシャルプランナーに相談するのが良いかです。
無料で相談するなら不動産会社に所属するファイナンシャルプランナーの利用があります。
無料ですが、基本的には所属する会社の商品の提案が主になります。
ただ、資金計画や物件の選び方、贈与による取得など不動産の取得に関するいろいろな面からの提案をしてもらえます。
複数の不動産業者のファイナンシャルプランナーに相談すると良いかもしれません。
銀行にもファイナンシャルプランナーがいます。
銀行員の強みは資金計画面でしょう。
ローン商品から団信、その他贈与などの活用などの提案もしてくれます。
銀行員も自社のローン商品からの提案になるので、複数の銀行のファイナンシャルプランナーに聞くと良いでしょう。
独立系は有料での相談になります。