資金系計画は自分で行うかプロに相談するか

お金のプロとしてファイナンシャルプランナーがいます。
生命保険会社などで勤務しているイメージがありますが、それぞれの得意分野は多岐にわたります。
銀行勤務の人なら投資系に強く、税金や相続に強い人、不動産に強い人などもいます。
得意分野を持ちながら、他の分野の知識も持ち合わせる専門家です。
不動産を購入するとき、多くの場合に住宅ローンを利用します。
まだ十分貯蓄がない時に取得を希望することが多く、借入に頼らざるを得ないからです。
資金計画をしっかり立てる必要がありますが、この時自分で行うのがいいのか、プロであるファイナンシャルプランナーに相談するのが良いかです。
多くの人は自分で行っているようですが、プロに相談するメリットは大きいです。
より細かく資金の計画が立てられるため、希望に合った住宅が取得しやすいです。
自分で行うと、得られるお金以下で計画を立てるために、かなり安い物件を購入したり、返済能力以上の物件を購入して返済に困るなどが起きやすくなります。